TOP > スポンサー広告 > KeyHoleTVを試してみたTOP > PC関連 > KeyHoleTVを試してみた

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

KeyHoleTVを試してみた

2009年03月18日
超低負荷型双方向P2P通信を利用して、PCでテレビ番組が見れるというソフトウェア『KeyHoleTV』のMac OS X版、『MacKeyHoleTV』が公開されていたので試してみた。

KeyHoleTVは、映像の配信ソフト『KeyHoleVideo』(Windows版のみ)と組み合わせることで、P2P通信で音声映像を試聴できるというフリーソフト。
既にWindows版とWindows Mobile版、Linux版が提供されていたが、これに今回Mac OS X版が追加された。


ソフトを起動すると配信されている番組をみることができる。

keyholetv_mac_01.jpg



実際に見てみた画。

keyholetv_mac_02.jpg



超低負荷型というだけあって、何個か同時に起動してもストレスなく快適に動作した。

が、やはり上り200Kbps未満のナローバンドによるQVGA(320×240ピクセル)対応ということもあり、画質が・・・
サイズもやっぱVGAくらいは欲しいかな。

ただ、モバイル用途では十分アリだと思った。
特に、ワンセグ非対応の機種にはまさにもってこいなのでは☆

今のとこWindows Mobile版のみだけど、BlackBerryやiPhoneのアプリが出来たら一気に浸透するんじゃないか!?
と思う今日この頃。

[KeyHoleTV & KeyHoleVideo-キーホールテレビ&キーホールビデオ-]



スポンサーサイト
ブログパーツ
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。