TOP > スポンサー広告 > みんなで作る日本語入力システム「Social IME」TOP > WEB関連 > みんなで作る日本語入力システム「Social IME」

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

みんなで作る日本語入力システム「Social IME」

2009年03月05日
慶應義塾大学理工学研究科は20日、ユーザー参加型の日本語入力システム「Social IME ~みんなで育てる日本語入力~」を開発し、一般への公開を開始した。

Social IME』は、ユーザが変換辞書として登録した単語をネットワークを介して共有して、利用できるという日本語入力システム。
ユーザが登録した単語辞書を共有することで、人名やキャラクター名、作品名、顔文字などを幅広くカバー。現在までに、ユーザによる登録や辞書のインポートにより、54万語以上が変換できるようになったという。

また、Webの文書から単語の使用頻度などの統計量を抽出することで、入力中の文字から予測される単語を表示する予測変換機能を搭載。
PC初心者を対象とした実験では、マイクロソフトのOffice IME 2007と比べて入力時間が21%、キー操作が26%削減されたとしている。

Social IMEの研究は、慶應義塾大学理工学研究科修士課程の学生が行い、2007年度に情報処理推進機構(IPA)の未踏ソフトウェア創造事業として採択されたもので、今回一般に公開された。

対応OSはWindows Vista/XP。Social IMEのサイトから無料でダウンロードできる。
また、Mac OS X版のクライアントソフトとしてSocial IMEというものもある。

スゴいねぇ~。さすが慶應。
ただ、これ・・・
オフラインの時はどうなるんだ・・・ろ?


[Social IME ~みんなで育てる日本語入力~]
[Social IM(beta) - Mac OS X 用 Social IME クライアント]
スポンサーサイト
ブログパーツ
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。